TOP » Amazon配送業者一覧 » 若葉ネットワーク

若葉ネットワーク

若葉ネットワークは社長自らドライバーとなる配送業者

社長自ら配達も行うアットホームで、環境のことを考えた取り組みや地域密着の運送会社。

若葉ネットワークは個人事業主のドライバーが多く、独立支援のフランチャイズ方式を採用しているようです。

若葉ネットワークにあったリアルな口コミ

いい口コミ

クレーム・悪評

友人の意見

態度が悪い系が多い印象。やっぱ約束したら約束通りにやんないといけないよね。配達すると言ってできないなら連絡するとか、再配達日を変更とかやってほしよね。こっち都合じゃないでしょ。
言葉使いって大事だよね。一言でその会社がどんな感じかわかると思うのよね。あと態度とかも。
やっと届いたと思ったら、態度がひどいとかは嫌だよね。荷物渡してサインまで、ほんのちょっとじゃん。

私の意見

そんなに悪いとこじゃないよ、雨だからとかで気を使ってくれて丁寧な人もいるみたいだし。
態度や言葉使いといっても、これ判断が難しいところだよね。自分と合う合わないがあるでしょ。身長高くて太ってると、態度がでかいとか、声のトーンで冷たいとかなったりするよね。

若葉ネットワークってどんな会社なんだろう

社名 株式会社若葉ネットワーク
所在地 〒236-0002 神奈川県横浜市金沢区鳥浜町3-5 若葉ビル2F
電話番号 0120-188-567
FAX 045-775-5066

1989年の設立以来、初心忘るべからずの精神で「親切・丁寧・正確」をスローガンとして20代からシニアまでの人が働いている会社のようです。会社は神奈川にあり、地元のお客さんに貢献できる輸送をしているそうです。支社が九州の熊本にもあります。

約610台ある配送のトラック運転時は、地球温暖化対策として、アイドリング・ストップとリサイクルに取り組んでいるそうです。約600人の社員が従事しており、この会社は社員との距離も近く社長が現場にきちんと足を運び、配達などの業務をするそうです。働くドライバーの支援をひとつのテーマとして、仕事がよりよい方向へいくように働きかけているという社長自ら動いてるという会社のようです。

物流の事業は、デリバリープロバイダの仕事のほかに大手の佐川急便や日本株式会社等と提携しながら小荷物の配達をおこなっているようです。配達エリアは神奈川の横浜・鎌倉・逗子・町田・稲城・多摩・八王子・日野・厚木とで、軽貨物は業務委託を取って自分の車で仕事をしているようです。

地元密着型の会社ではありますが、その中でも、電話帳と地域広報誌の配達は全国各地に配達を行ってあります。NTTタウンページ株式会社や株式会社NTTロジスコなどから仕事を委託され、各地を移動しながら配達するドライバーもいるようです。

NTT関連の電話帳や情報誌に至っては、設立2年後より配達をおこなっているので実績はかなりあります。amazonのデリバリープロバイダの業務は2017年7月からなので2年ほどの実績になるようです。

今、若葉ネットワークはどう対策している?
各社に質問状を送ってみた

    御社はどのような対策を取られていますか?

  1. 「時間指定を守れない(早く来る、遅く来る)」というクレームに対して
  2. 「受け取りの愛想がない」というクレームに対して
  3. 「ドライバーが電話にでない、折り返しがない」というクレームに対して
  4. 「ガスメーターに入れる、品物を玄関前に放置する」というクレームに対して
  5. 「配送先を間違えられた」というクレームに対して
  6. 「不在の確認をしない(インターホンを押さずに宅配BOXに入れる)」というクレームに対して

若葉ネットワークからは質問状に対する返答がなかった。

総評

配送範囲が限られているという部分もありますが、範囲が小さいほど、より確実に配送が可能です。限定的な地域のみに強い運送会社という見方もできます。

便利リンクまとめ

若葉ネットワークの荷物追跡リンク

若葉ネットワークの再配達リンク

応対や再配達の気苦労も必要なし!
置き配サービスを使ってみよう