TOP » デリバリープロバイダが来ない場合の対応

デリバリープロバイダが来ない場合の対応

ヤマト運輸や佐川急便など、大手の配送業者とは別の地域限定の配達業者「デリバリープロバイダ」についてまとめています。

「荷物が届かない!」デリバリープロバイダのトラブル急増中

大手配送業者であれば、配送日時の指定や不在時の再配達の依頼もスムーズ。しかし、ヤマト運輸がAmazonの当日配達を撤退すると同時にデリバリープロバイダという配送業者が出現。近年ではこの業者が配送することが珍しくありません。そして、このデリバリープロバイダの配送の評判が”とにかく悪い”と話題になっています。

荷物が届かない

デリバリープロバイダの配送でよく聞くのが「荷物が届かない」というトラブルです。さらに「在宅していたのに不在扱いにされていた」「配送にきていないのに追跡すると不在にされた挙句、不在票すら入っていなかった」というトラブルに遭った人も多数いるよう。業者に電話をしても謝罪なし、態度が悪い!と、余計にイライラするという声も多く挙がっています。


業者自体が未経験多数という背景も!トラブル急増の原因

トラブル急増のデリバリープロバイダ。その原因は、配達員の多くが”配達に不慣れな未経験者”であるということです。配達先の家を見つけられなかったり、荷物量が多すぎて全てを捌くことができず、営業所に持ち帰るということも珍しくありません。そのため、配達できなかった荷物を「不在扱い」にし、配達の遅延に繋がっています。小規模な業者だと、少人数の配達員がとにかく大量の荷物を配送することを勤務初日から求められるため、アルバイトや人材育成が追い付かないことも多いそうです。


確実に荷物を受け取るには?

問題の多いデリバリープロバイダですが、指定した時間に確実に荷物を受け取る方法はあるのでしょうか?

コンビニ受けとり

まずは、デリバリープロバイダを避けたいのであれば「コンビニエンスストアで受け取る」という方法があります。ファミリーマートであればヤマト運輸、ローソンかミニストップであれば日本郵便になっているので、デリバリープロバイダ回避には覚えておきたい選択肢です。

置き配サービス

「不在時置き配サービス」といって、不在の場合に指定の場所に商品を届けて配達を完了させるサービスも選択肢の一つです。受け取りのサインや電話など業者との直接のやりとりがなくなるので、業者へのストレスは軽減できます。ネットショッピングの際に「不在置き配」のボタンが表示される場合は一度試してみるのもいいですね。