TOP » デリバリープロバイダーの荷物を追跡する方法

デリバリープロバイダーの荷物を
追跡する方法

荷物を抱え走る男性

「ちゃんと配達完了されたか」「今荷物はどの辺か」など
Amazonを含めネットショッピングで自分が頼んだ商品はなるだけ早く手もとに欲しいし、きちんと配達されているのかは非常に気になるところ。そんなとき、便利なのが、商品がどこから配送されて、現在どのあたりにあるのかを知ることができる荷物の追跡システムだ。大手の運送会社も導入しているシステムで目にしたことはあると思うが、目安になるので安心感がある。

Amazonの商品の配達状況を
確認できる
追跡サービスとは

Amazonデリバリープロバイダでの荷物の追跡システムは、基本的に各社でフォーマットは変わらないようだ。デリバリープロバイダのひとつであるTMGが運営するページで一括管理されている。
不在票に書いていない場合やAmazonからの発送メールにはどこの配送業者かまでは分からない時に便利である。

頼んだ荷物を追跡するときに必要なこと

Amazonの商品を注文したときの出荷通知メールにお問い合わせ番号が表示されているので、それを下のリンクフォームに入力したらよい。注文履歴から見るときはお問い合わせ番号はいらないようだ。

デリバリープロバイダの荷物の追跡リンク集

ここではデリバリープロバイダ各社が配送する荷物追跡ができるリンクを紹介する。

デリバリープロバイダの追跡

デリバリープロバイダの
荷物追跡リンク

ギオンデリバリーサービスの追跡
(Amazonの注文履歴から検索)

ちなみに、ギオンデリバリーサービスが配送する商品だけはこのシステムで検索できないようなので、別途記載しておく。

ギオンデリバリーサービスの
荷物追跡リンク

デリバリープロバイダの再配達依頼方法

デリバリープロバイダの再配達依頼方法は、「再配達依頼サービス」サイトから依頼、「電話」で依頼、「不在票」から依頼の3つから選べる。

「再配達依頼サービス」で再配達を依頼

デリバリープロバイダの場合は、TMG提供しているwebサイト上で、ネットでの再配達依頼が可能なようだ。お問い合わせ番号を入力し、「再配達の依頼を開始する」ボタンをクリックして再配達の依頼ができるから、思った以上に簡単な操作で再配達の依頼ができる。

しかし、お問い合わせ番号を入力しても、「お問い合わせ情報が存在しません」と表示されることも、少なくからず起こっているとか…。その場合は、電話での再配達依頼が早いので、電話をかけてみよう。

「電話」で再配達を依頼

「配送業者の連絡先」に電話で再配達を依頼する方法もある。電話番号はAmazonのヘルプページに記載されているが、おそらく不在届に記載されている電話番号へ連絡するのが確実だ。基本的に、電話は自動受付となっているため、24時間、再配達依頼ができるはず。配達ドライバーへの直接の電話であれば、その日中に届けてもらうこともできるかもしれない。

もっと詳しく再配達の仕組みについて知りたい場合は、こちらのページも参考にしてみてください。

デリバリープロバイダーに
再配達してもらう方法

不在時置き配サービス

注文履歴に「不在時置き配を指定」というボタンが表示されていれば、置き配サービスの利用が可能だ。ボタンをクリックしドロップダウンより、希望するお届け場所を選択することで、サービスを簡単に利用することができるので、何度も受け取りそびれて待ちくたびれてしまった人は、一度試してみることをおすすめする。ただ、外に放置する時間ができるため、万が一に備えて高価なものや精密機器などは検討したほうがいいだろう。

再配達依頼の追跡

デリバリープロバイダの追跡画面では、日付、商品所在地、状態がわかる。しかし、配達された時間や再配達を受け付けた時間はわからないのが現状だ。

不在の場合、「ご不在のため、持ち帰りました。再配達をお申込みください。」から、「配達店で保管中です。」になるので、配達物のステータスは良くチェックしておこう。

再配達の連絡を入れると「再配達のご依頼を受け付けました。」になり、「配達中です」から、荷物を受け取ると「配達完了しました。(商品直接引渡し)」になる。変わっていればこれで完了だ。

大手の追跡状況まではいかないことも念頭に

デリバリープロバイダの荷物の追跡でも頼んだ商品がどのあたりにあるのかは把握することができるのだが、大手の配送業者ほどきっちりと細かい追跡方法のシステムまではまだ至っていないということは考慮しておいた方がいいかもしれない。

デリバリープロバイダは会社の規模として大手よりは当然小さいところで、この手のシステムには莫大な投資が必要だし、さまざまな配達業者が協力して配送することもあるという地域特化のデリバリープロバイダの特性も難しくしている原因であると言える。

追跡の情報が大まかという点があるということを知ってから、活用するといいのではないだろうか。

追跡できない場合の原因は?

Amazonのアカウントサービスから追跡した場合でも、TMGのホームページから追跡した場合でも、まれに追跡できないときがある。追跡できない理由として考えられることと対応策もここで知っておくといいだろう。

まだ発送されていない

そもそもまだ発送されていなかったり、発送してから時間が経っていないため追跡システムに反映されていない場合がある。Amazonにおいては、基本的にすぐに発送作業にはいるイメージがあるが、以下のセール時期は遅れることが多い。

やはりセール時期は注文が殺到するのか、発送にも時間がかかっている印象が強い。急ぎで受け取りたいときは、そもそもこの時期を避けたほうがいいかもしれない。

あとは、人気商品だとAmazonに在庫がない場合もある。在庫の有無については商品ページに記載されているが、意外と見落としてしまうポイントだ。注文手続きがすべておわった後に、5週間後に届くと記載されていて、そこで初めて気づくときもある。

在庫の有無についても念のためチェックしておくとよいポイントだ。

入力したお問い合わせ番号が間違っている

単純な手入力での入力ミスや、違う荷物の番号を入力していた、といったミスもあるあるの1つ。お問い合わせ番号は複雑なので、間違えても仕方がないところだ。もう一度荷物と番号を確認して入力してみるのが吉

お問い合わせ番号が間違っている

あまり考えられないが、自分の入力ミスでないならば、荷物を送った人からメールなど伝えられたお問い合わせ番号が間違っている可能性もある。間違っている可能性がある旨を配達スタッフに伝え、番号の確認をしてもらうと良いだろう。

追跡に便利なツール

デリバリープロバイダの追跡できないという問題を解決してくれるアプリに「ウケトル」というものが。もう少しで届きそうになったタイミングや、再配達が確定した時などにスマートフォンへ通知が届くため、受け取る準備が簡単にできるアプリ。

また、日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便・福山通運・西濃運輸・はこBOONは、すべての荷物の追跡をひとつのページで行うことが出来る「おみくじ追跡」など、追跡に便利なツールも!こういったツールを用いることで、より快適なAmazonライフを送れるかもしれないですね。