TOP » Amazonの置き配指定が効果的な件 » マンションでの置き配

マンションでの置き配

不在時置き配とは、在宅でも不在でも

など、依頼主が指定した場所に荷物を置き、配達が完了すれば写真でお知らせしてくれるサービスです。配達業者と顔を合わせることがなく、荷物を待つ時間を節約できるので忙しい人や一人暮らしの人も安心して利用できます。

オートロックマンションでも置き配の実証実験がされている

オートロックマンションでの置き配は、エントランスに入れない限り玄関先など指定された場所に荷物を置くことは難しいとされていました。しかし、最近では配達員がマンションのオートロックを解錠して受取人の玄関先などに荷物を置く実証実験が大手不動産などでスタートしています。

仕組みはマンションのオートロックに専用機器を設置して、配達員が荷物の伝票番号を入力して認証を済ませると受取人が不在でもマンションに入ることができるというものです。近い将来、オートロック付きのマンションに住んでいる人でも玄関先に荷物を「置き配」することが定着するかもしれません。

1人暮らしマンションで置き配するときの注意点

サインも印鑑も必要のない置き配ですが、1人暮らしで同サービスを利用する際は注意が必要です。

個人情報漏洩のリスク

マンションやアパート暮らしの場合、玄関前に表札を出していない人はほとんどでしょう。しかし、玄関前などに置き配を依頼すると荷物に貼られた伝票から自分の名前はもちろん、電話番号まで知られてしまうというリスクが生じます。配達内容から何を注文したかも分かってしまうので、置き配を希望する際は気を付けてください。他人の荷物に貼られた伝票を見る人は多くはないと考えられますが、玄関先など目立つ場所であれば個人情報が多くの人の目につくことは避けられません。

留守・不在を周囲にアピールしてしまうリスク

置き配を依頼し、配達された荷物が玄関先に置きっぱなしになっていると自宅の不在をアピールしてしまうことになります。空き巣被害に遭う可能性を高めてしまうので、置き配を依頼する際は長時間の置きっぱなしを避けましょう。

荷物の破損や盗難のリスク

配達員から直接荷物を受け取る配達方法と違い、指定した場所とは言え荷物を置きっぱなしにされることの多い置き配は盗難や破損のリスクがあることを忘れてはいけません。電化製品を注文して、置き配を依頼したところ、雨が降ったため荷物が濡れてしまい壊れてしまったという事例もあります。防犯カメラがない場所に置き配を依頼したことで、盗難被害も起きているため対策は必須です。

再配達が面倒という人は置き配がおススメ

置き配には、盗難や個人情報漏洩のリスクも存在するため、置き配を利用する場合は宅配ボックスを利用して、ボックス内を置き配場所に指定することをおススメします。Amazon側の対応として、ドライバーが「この場所に荷物を置くのは危険」と判断した場合は、置き配指定になっていても「持ち帰り」になる傾向にあるようです。

また、盗難時は場合によっては返金対応もしてくれます。スタートしたばかりの置き配サービスは、ちょっとしたトラブルが起きる可能性があると心得ておいた方がよさそうです。リスクも心得ておかなければならない置き配ですが、一人暮らしや日中不在にすることが多い人など、荷物の受け取りを負担に感じる人にとってかなり助かる配達方法と言えます。Amazonでの注文時に置き配の選択ができるので、一度試してみるのはいかがでしょうか。